留学

留学するなら学生寮に住むべき!留学生寮のメリットを経験者が徹底解説

「留学することに決めたけど、どこに住めばいいのだろうか」と迷っている方に向けてこの記事を書いています。

もちろん一人暮らしをしても良いのですが、可能であれば留学生が集まる寮にするべきです。私自身、留学中は100人ほどの留学生が集まる留学生寮に、1年間住んでいました。時にはトラブルもありましたが、なによりも楽しさでいっぱいです。

この記事では、なぜ留学中に寮に住むべきなのか?そのメリットを私自身の体験をもとに解説しています。それでは、いきましょう。

この記事を読むことのメリット
– 留学中に寮に住むべきメリットがわかる
– 寮に住むにあたって、どのような手順で準備すればいいのかわかる

留学時には寮に住むべき理由

留学する目的は様々ですが、せっかく留学しているのだから世界中の留学生や現地の学生と少しでも多く色々な体験をしたいと考えている方が多いと思います。

そんな方には、留学生寮に住むことを何よりもオススメします。

留学の目的がぼんやりしている方はこちらの記事もオススメです

留学の目的がわからない時に考えるべきこと 「留学楽しそうだしいい経験になりそうだけど、行って何をしたいんだろう」「留学したいけど、はっきりとした目的がないなあ。。」こんなこと...

留学生寮では、日々の生活の中で、様々な留学生や現地生と触れ合うことが出来る

当たり前ではありますが、寮に住んでいると、多くの寮生と触れ合うことになります。

一緒に料理したり、食事したり、映画をみたり、催し物を開催したり。寮というのは、大きな建物であることが多いので、便利な施設が併設されていることも利点です。

寮でなければ、学校での生活が終われば自宅に帰ると、学生と触れ合う機会は余りありません。なくはないですが、自ら掴みに行く必要があります。寮に住んでいると、自らの努力なしに、様々な寮生と触れ合うことになります。

その時間が多ければ多いほど、言語能力を伸ばしたり、コミュニケーション能力を養えたり、異文化交流出来たり、留学の醍醐味を味わう時間が増えます。孤独を感じにくいというのも一つのメリットです。

キッチンや屋上でパーティを行っていることも

これは寮により異りますが、共同施設として、キッチンがあったり屋上が開放されていることがあります。日本で気軽にホームパーティはなかなか出来ないですよね。

寮であれば、「気軽に今夜皆でパーティをしよう」といったことが可能になります。

私自身の場合は、毎週のように、皆で食事を楽しんだりしていました。様々な国の料理を食べたり。誕生日を祝ったり。

また、自分の誕生日には、自分で誕生日パーティを開催し皆を招待する、といった経験もすることが出来ました。日本では誕生日は祝ってもらうという認識だったので、新たな価値観を知ることに繋がりました。

オススメの留学前の英語学習法!スキマ時間を徹底活用「英語圏に留学が決定したけど、それまでに英語のちからを伸ばしたい」 「だけど、授業が忙しくてなかなか集中して時間が取れないな」 こう...

寮内で情報交換をしやすい

例えば、授業の課題であったり、留学生の必要書類を準備することなど、ひとりではなかなか大変なことが数多くあります。

寮に住んでいれば、気軽に隣の部屋の留学生と一緒になって取り組むことができるので、さくさく楽しく片付けていくことが出来ます。これも一つのメリットです。

人にはよりますが、相部屋という選択肢もあります。ご自身の興味に沿って選びましょう。

留学での寮の選び方

では、どうすれば留学時に寮に住むことが出来るのでしょうか?

それぞれ場合や状況により異なりますので、ご自身で調べる必要がありますが、その取り組む方針をお伝えできればと思います。

交換留学の場合

交換留学であれば、留学先の寮が留学生を受け入れる体制があるのか確認しましょう。留学の手続きを行う事務が大学内にあるはずなので、そこの担当者と相談しましょう。

寮だけでなく様々なサポートが受けられると思いますので、気軽に相談するようにしましょう。

私費留学の場合

私費留学の方法によっても異なりますが、エージェント経由ならエージェントに確認しましょう。ご自身で留学先と連絡をとっている場合は、ご自身で留学先に確認しましょう。

なければホームステイという方法もあります。

留学の寮でのトラブル

良い点ばかりを記載しましたが、留学寮はメリットばかりではありません。留学生の寮に住む際に、注意するべき点を理解しておきましょう。

共有スペースは汚れやすい

例えばキッチンが共有スペースとして開放されていると、皆が使う場所なので、どうしても掃除がおろそかになってしまいます。時には、水がでなくなったり、火災報知器が誤作動してしまったり。責任が不明瞭な分、問題は起きやすいです。汚いところが無理という方であれば、寮は少し難しいかもしれません。

食材がなくなる!?

共有スペースに冷蔵庫が置かれている場合だと、食材がなくなることもあり得ます。すべてに名前を書いておくことは不可能なので、そこは学生の良心による部分が大きいです。

貴重品は確保

貴重品は必ず自分の部屋にしまっておきましょう。特にお金やパスポートなどは、簡単に触れられない場所にしまっておくべきです。パスポートがなくなってしまうと面倒なので、大事なものは必ず部屋にしまっておきましょう。

まとめ

留学する際は寮に住むことで、より留学を有意義なものにすることが出来ます。大学に相談することが難しかったり、エージェント経由出ない場合でも、諦めずに留学先の窓口に相談してみましょう。

寮は嫌だと思う方もいるかもしれません。ですが期間が定められた留学なので、失敗を恐れず、寮にも挑戦してみてください。