留学

留学の目的がわからない時に考えるべきこと

「留学楽しそうだしいい経験になりそうだけど、行って何をしたいんだろう」
「留学したいけど、はっきりとした目的がないなあ。。」
こんなことを感じている方は多いと思います。私自身がそうでした。

もちろん、そのまま身ひとつで留学に行ったとしても、魅力的な体験を得ることが出来るでしょう。

ただし、事前に留学の目的を考えてみることで、より良い留学生活を楽しむことが出来ます。

この記事では、私の体験をもとに、留学に行く前にどのようなことを考えていたのかを記載しています。

この記事を読むことのメリット
– 留学の目的を考えることの意味を知る事ができる
– 留学の目的を考える具体的な方法を知ることが出来る

留学の目的がわからないけどいいの?

「人に言えるような明確な留学の目的がない、それでもいいかな?」
そのように不安な気持ちを感じていたとしても、問題ありません。

大事なことは、留学に向かって一歩踏み出すことです。まずは、留学すると決めることです。

どのような体験をしたいのか、どういった科目を誰と学びたいのか?そのために何をしておけばいいのか?

留学の準備を進める中で、目的が徐々に明確になってきます。

もちろん、実際に行ってみないとわからないことだらけです。初めての海外となれば、当たり前です。

留学の過程で、目的が明確になることもあれば、変わることもあります。

目的が今はわからなかったとしても、まずは挑戦すると決めましょう

ポイント

  • 留学の目的がわからないまま、留学をあきらめてしまうのは、もったいないこと
  • わからないなりに、踏み出してみよう。

留学は目的がなくても良い?

目的はなかったとしても、これまで日本では出来なかった体験を、留学では得ることが出来ます。なので、目的がないからといって留学を諦める必要はありません。「楽しそうだから」これだけでも問題はありません。

ただし、わからないなりに考えてみることで、より充実した留学生活を送ることができます。

留学の目的は、人によって様々です。

最先端の学校で勉強したい、異文化交流してみたい、海外の人たちと友達になりたいなど。どんな目的でも構いません。

留学で様々な体験をする中で、目的が出来ることもあります。

日本での大学生活とは違った環境に身を置くことで、考えが変わることもあります。

少しずつ目的を明確にしていけばいいのです。留学の目的が明確でなくとも、様々な体験を得ることが出来ますし、新たな自分自身の発見にも繋がります。

私自身、留学を目指す中で留学の目的を考えましたが、なかなか明確な目標を持つことは難しいですよね。大まかに考えてはいましたが、やっぱり「行ってみないとわからないな」となることが多くありました。

実際、行く前はドイツ語習得を第一の目的として掲げてみましたが、行ってみると様々な国々からの留学生がいるなかでの共通言語は英語。様々な国の友人と話すなかで、将来のキャリアも視野に入れると、英語の上達がより大きな目的に変わりました。

ポイント

  • 様々な体験をする中で留学の目的の目的は変わってくる。
  • 留学の目的を考えつつも、様々な体験に飛び込みましょう。

留学の目的はわからないなりに考えることが大事

では、目的は全く必要なく、考える必要もないのか?
そんなことはありません。事前に出来る限り考えておくべきです。

なぜなら、目的によっては留学先を検討する必要がありますし、事前の準備が大きく異なってくるからです。

ですので、事前に大まかにでも考えておくことが大事です。ポイントは、目的を確定させずに、大まかに方針を決めておくということです。

大まかな目的があれば、事前に勉強しておくべきこと、体験しておくべきことを日本国内にいる間に対応出来ます。留学中は現地でしか出来ないことに出来る限り挑戦するべきです。

私自身の体験談ですが、現地のオーケストラに所属し、様々な国籍の方と音楽を楽しみたいと思っていたので、自身の楽器を留学時に持参しました。事前に全く考えていないなければ、このような体験は出来なかったと思います。

ポイント

  • 目的がわからないなりに、考えてみよう。
  • 方向性が定まってくると、事前準備も首尾よく取り組むことができ、より充実した留学生活にすることが出来ます。

留学の目的がわからない場合はどのように考えれば良い?

では、どのように考えてみれば良いでしょうか?

私自身、留学の目的に迷っていた際、先輩からこんなアドバイスを受けました。

「将来どのように生きていきたいのか?」「どのような仕事をしていきたいのか?」「どのような生活をどこで送っていきたいのか?」

例えば、将来海外に移住したいと考えていたとします。であれば、留学中に様々なローカルな場所を訪れて、人々の生活に触れてみるのもいいでしょう。

他には、将来海外の企業で働きたいとします。であれば、「留学中に現地企業で働いている日本人を探してみる」「現地の企業でインターンしてみる」といったアクションの準備が可能です。

上記を踏まえた上で、考え方としては、学内の活動・学外の活動の2点で分けて、留学中に挑戦したいことを紙に書き出してみましょう。具体例としては以下の通りです。

学内での活動

  • 留学先で力をいれて勉強する科目
  • 留学先のサークルに少なくともひとつに所属する
  • 様々な国のともだちを100人作る など

学外での活動

  • 現地企業でインターンシップに挑戦する
  • 現地でボランティア体験に参加する
  • 少なくとも10カ国に旅行する など

私自身は、このようにそれぞれ100個書き出しました。もちろん、達成したものもあれば、未達成のまま終わったものもあります。途中で変更したり、追加したりしたものもたくさんあります。

大事なことは、事前に出来る限り考えてみて、その上でフラットな状態で様々挑戦してみるということです。

ポイント

  • 留学の目的を考える上で、学内・学外などのカテゴリで出来る限り書き出してみましょう。
  • 書き出したものはどんどん変わっていいので、思いつくままに書き出しましょう。
  • 書き出した上で、留学中はどんどん新しいことにも挑戦してみましょう。そのなかで新たな留学の目的も見えることがあります。

まずは踏み出そう

不安な気持ち、漠然とわからないという状況であれば、少しずつ準備を進めながら、留学の目的を考えることをおすすめします。目的は変わっても良いのですが、大事なことは、考え続けるということです。

留学中に様々な体験をする中で、目的も目標も変わってくることがありますが、それで問題ありません。もう一度書きますが、大事なことは、自分なりに考え続けるということです。

まとめ

  • 留学の目的で悩んだとしても、問題ありません。大事なことは、留学でどんな体験をしたいのか、どのような経験を積みたいのか、考えることが大事です。
  • 考えられるほど事前に準備が可能となり、より実りのある留学生活に出来ます。
  • 目的が明確でなくても、現地に行ってみることで様々な体験をすることが可能です。
  • 目的を事前に考える上で、学内・学外などでカテゴリで分けて、考えてみましょう。これらは留学中にもどんどんかわることなので、思いつくままに紙に書き出してみましょう。

素晴らしい留学が出来るよう応援しています。