プログラミング

AWSでドメインを取得しSSL証明書を発行する

eyecatch-aws

サービスを開発するときに欠かせないのがドメインですが、AWSでサーバーを構築する場合は、ドメインもAWSで取得したほうが楽です。

この記事では、AWSでドメインを取得する手順と、取得したドメインをhttpsで使用できるようにSSL証明書を発行する手順を記載します。

AWSでドメインを取得する

AWSでドメインを取得するには、AWSの「Route53」というサービスを使用します。

まず、Route53のダッシュボードに遷移します。

左側の「登録済みドメイン」を選択し、画面上部に表示される「ドメインの登録」をクリックします。

ドメインを入力し、「チェック」をクリックすると、取得可能なドメイン一覧が表示されます。

ドメインは「.com」であれば大概は年間12ドルです。トップレベルドメインによって年間10ドル以下から1万円程度など、かなり幅があります。

AWSで取得可能なトップレベルドメイン

aws-domain-ssl

取得したいドメインをカートに入れて、「続行」で手続きを進めます。

aws-domain-ssl

連絡先を入力して購入手続きを進めますが、ここで「プライバシーの保護」「有効化」にチェックを入れておきましょう。

購入が完了すると、「保留中のリクエスト」に購入手続きを済ませたドメインが表示され、数分から数十分程度で「登録済みドメイン」に表示されます。

これでドメインの取得が完了です。

AWSでSSL証明書を発行する

AWSでSSL証明書を発行するには、AWSの「Certificate Manager」を使用します。

aws-domain-ssl

「Certificate Manager」のダッシュボードを開き、「証明書のリクエスト」をクリックします。

aws-domain-ssl

「パブリック証明書のリクエスト」にチェックが入っていることを確認し、画面右下の「証明書のリクエスト」をクリックします。

aws-domain-ssl

先程取得したドメインを入力し、「次へ」をクリックします。

サブドメインにもSSL証明書を発行したい場合は、同様の手続きを繰り返しますが、その際に「*.domain.com」のように、「ワイルドカード(*).ドメイン」も登録する必要があります。
aws-domain-ssl

「DNSの検証」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」で進みます。

タグは特に設定しなくて大丈夫です。そのまま確認・検証と進み、完了です。